>  > 寂しい時の風俗で心まで温まる

寂しい時の風俗で心まで温まる

寂しい時ってどうしてもあると思うんですよ。人間ですからこれは仕方ないと思うんですけど、そんな時こそ風俗がいいんじゃないかなって思いますし、実際自分もそういった時には行くんですよ。そして寂しさを埋めてもらうんです。寂しいって言っても誰でも良い訳ではないんですよね。そこはやっぱり相手が大切っていうか、自分にとって良いなって思うような子じゃないとダメなんです。その点風俗だと基本的には女の子のレベルも高いですから満足しない訳がないですからね。だからかなりありがたいっていうか、自分としても本当に満足出来ました(笑)その日相手をしてくれたのはAという子だったんですけど、彼女は顔立ちが物凄く綺麗なんです。端正っていう言葉がぴったりな子で、こんな子と楽しめるなんて幸せだよなって思えるようなレベルの子だったんですけど、話すと人懐っこいんです。おかげで気付いたら彼女の体を貪るかのように楽しんじゃっていましたね。

体入の風俗嬢のにっこりスマイルに癒やさた

コースとプレイ代金を風俗嬢がお店に確認してから代金を支払います。こういう支払いの段取りは間違いがなくていいですね。たまに風俗嬢が割引を忘れてて言われるがままに支払うなんてことがあったのでこの確認システムは大事ですよ。軽く時事トークをしながら、服を脱ぎます。今回の女の子は箸が転がっても笑うような、笑顔の可愛い女の子です。見ていたら自然と私のほうもハッピーな気分になる女の子ですけど、ずっとこんな感じだと、見ているほうも疲れてくるかもしれません。そんな女の子と素っ裸になってシャワールームへ入ります。小柄だけど出ているところは出ているナイスボディに目が釘付けになりますよ。恥ずかしさからか女の子の頬が赤くなるので、ひょっとしたら経験が浅いのかななんて思って聞いてみたら、まだ体入の子でした。これはあたりを引いたかも、でも体入割引はなかったよな、なんて無粋なことはどうでもいいくらいに二人で燃えまくりましたよ。

[ 2015-05-10 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ